Loading...

Takahiko KOBAYASHI

PERCUSSION
STANDUP!ORCHESTRA_小林 孝彦

小林 孝彦

こばやし たかひこ

パーカッション

武蔵野音楽大学 卒業、同大学院修士課程 修了

フリーランスのティンパニ・打楽器奏者。
これまでに、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団、群馬交響楽団、札幌交響楽団、千葉交響楽団、セントラル愛知交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団の各種演奏会に打楽器エキストラとして出演。
また、読売日本交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団ではティンパニエキストラも務めている。
2016年度小澤征爾音楽塾塾生としてセイジ・オザワ松本フェスティバルに参加。
オーケストラでの演奏以外にも、サントリーホール主催《レインボウ21》への出演や、2016年12月にNHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」にて放送された《打楽器百花繚乱》において、小出稚子作曲「Jamtic Jamtac ―四人の打楽器奏者のための―」(NHK委嘱作品)世界初演に参加したりしている。
これまでに、打楽器を安藤芳広、高橋美智子、吉原すみれ、中谷孝哉、清水太、宮本典子の各氏に師事。Manuel Westermann、Stefan Kittlaus両氏のマスタークラスを受講。
東京Percussive pediaメンバー。